新着情報

2012-10-18北区人づくり実行委員会と紫野高校との取組(1回目)

日 時    平成24年9月4日(火) 13:20~15:10 
場 所    紫野高校 本館4階 第一会議室

受講生    2年生25名 総合的な学習『京都ーまちと歴史』選択者

ねらい    「京都をもっと知ろう」  (授業を通して高校生と実行委員会の世代間交流を図る)

 

 

 今年で3年目になる紫野高校との取組です。今年授業を担当する京都産業大学の学生は7名で2名が授業を進めて残りの5名の学生はグループに入り高校生と学習を進めました。

 実行委員会メンバーは13名の参加で1グループに2名ないし3名が入りました。

 グループ分けの後京都の良さ・悪さについて考えることから授業が始まりました。京都

の良さについては高校生も実行委員会メンバーも同じような思いを持っていました。若者

が感じる良くないところは,海が遠いことやバス通学している高校生から時刻通りにバス

がこないことなどが出されていました。面白い答えとして,落語「京の茶づけ」に出てくる話しを取りあげた高校生もいました。               

 次に京都クイズが12問出されました。中には難問もありました。その中でも難しかった問題は以下のものです。

  『平成22年に京都の二人以上の世帯で,1世帯当たりの購入量(単位:g)が多かったのは?』

①かつお節  ②こんぶ  ③みそ  ④たまご   (答えは最後にあります。)

 京都クイズで授業に参加している皆さんの乗りが大変良いものになり楽しい授業展開が進められました。

 次に「京都観光ツアー下準備」です。配布されたワークシートに京都の観光スポットや食べ物,お土産などを書いていきます。この下準備がまとめになる「京都観光ツアー」のコース選びにつながります。      

 ここでも各グループそれぞれの思いが出せれていて「京都観光ツアー」下準備は楽しく面白い内容になっていました。

 いよいよまとめの「1日京都観光ツアー」です。このツアーにはいくつかの条件がつけられていました。

①誰とのツアーになるのかは『恋人』『友人』『京都を知らない人』をくじを引き決めます。②季節はグループで決めます。③京都のマイスポットが入り,昼食もどこかでとります。④資料として配られた 「京都の主な年中行事」の中から各グループが選んだ季節に合わせた行事を選び見学コースに入れなけらばなりません。

各グループごとに高校生のみなさんと実行委員会のメンバー・大学生の皆さんとが下準備をしたものをもとに熱心な話し合いがなされました。配られた京都の地図上にツアーのコースが書き入れられていきます。時間内に5グループとも「1日京都観光ツアー」ができあがりました。こんなコースがありました。

<恋人と夏の京都観光> 嵐山集合→嵯峨野見学→渡月橋付近で昼食→亀岡(JRとトロッコ)保津峡下り→嵐山

                 →錦市場(徒歩見学)(浴衣に着替え)→祇園祭見学(屋台で夕食)→京都駅解散

 一部だけの紹介ですが各グループそれぞれ特徴のあるコースを考えて楽しい京都観光ができていました。

 内容は高校生が中心になっていましたが実行委員会メンバーや大学生がうまくサポートをして作り上げる過程が

とても充実したものになっていました。

クイズの答え  ① かつお節