新着情報

2012-10-18第3回北区実行委員会

日 時    平成24年8月29日(水)  18:30~20:00

場 所    上賀茂神社

内 容    紫野高校での授業内容について京都産業大学学生より説明

 

 

   北区実行委員会では平成22年度から紫野高校2年生の総合的な学習で「京都ーまちと歴史」を選択しているクラスに1回か2回授業に参加させてもらっています。参加させてもらっている授業は京都産業大学の学生が担当しています。

 京都産業大学では勉学の成果を実社会で活用できる能力を育成していくことをねらいに,2,3年次生を横断して編成された学生チームがいくつかあります。それぞれのチームには指導担当企業等から課題が出されます。紫野高校で授業体験するチームの指導は上賀茂神社チームが担当されています。同チームが課題解決に挑戦する場として紫野高校の協力のもと高校生に課題に沿った授業を実施しています。その授業に高校生と世代を超えた地域間交流も含めて北区実行委員会のメンバーも参加させてもらっています。

 今年度は9月4日(火)と9月18日(火)の2回の授業を実施します。今回の実行委員会では,その2回の授業内容を実行委員会で授業を担当する大学生の皆さんから説明してもらいました。

 9月4日(火)の1回目の授業は「京都をもっと知ろう」をねらいに日帰り京都観光ツアーを計画する内容です。

 9月18日は「上賀茂神社と葵」のテーマを受けて「ちび葵ねぶた」を制作して作品に感謝の気持ちを表わす内容になります。出来上がった「ちび葵ねぶた」は9月29日・30日に行われる賀茂観月祭で点灯されます。

 2回の授業では高校生が5グループに分かれますが,実行委員会メンバーも始めから高校生のグループに入り授業を受けることになりました。

 どのような授業展開になるのか実行委員会メンバーも楽しみにしています。

説明する京都産業大学生

上賀茂神社での実行委員会