新着情報

2012-10-03第3回左京区「人づくり」ネットワーク実行委員会を開催

◆ 日 時  平成24年9月18日(火)

◆ 場 所  左京区総合庁舎

○「左京区民ふれあいまつり2012」の報告

○人づくり21世紀委員会「地域活動部会」の報告

○「左京子どもふれあいカーニバル」の実施について

○「ふれあいトーク」の実施について

○研修:『最近の「ケータイ・スマートフォンの危険性」について』

  <研修の要点>

 *  スマートフォン(スマホ)は,ケータイが進化したものというより,持ち運びのできるパソコンである。

 *  ケータイ・スマホは,親が子どもに貸し与えているという認識が大切。

 *  ケータイ・スマホに関わる情報(操作)は,子どもの方が親より進んでいる。

 *  親がブラウザを管理(パスワード等で)し,子どもの判断でのアプリのインストールをさせないことが大切。

 *  ネット上への写真掲載は,撮影時に記録されたGPS情報(位置情報)により,撮影場所が特定されることがあるので要注意。

 *  親としては,『学ぶ』(ケータイ・スマホ・インターネット)⇒『教える』(危険性)⇒『見守る』(コントロール)という「ペアレンタルコントロール」が大切。

 *  ケータイ・スマホに対する大人や子どもの「意識を変える」「知識を高める」「ルールをつくる」が大切。

 *  スマホは,キャリア側のフィルタリングのみではだめ。Wi-Fiの対応するフィルタリングを,個人で設定する必要がある。

 *  ケータイ・スマホ・パソコンの画面の向こう(ネット)には,いろんな考えを持ったいろんな人がいる(個人情報・人を傷つける言葉等を書かない)。

 *  知らない人や不審なメールの返信は,絶対にしない。返信により個人が特定されてしまう。

「左京区民ふれあいまつり2012」での活動を報告する西尾明徳児童館長

「ケータイ・スマートフォンの危険性」についての話を熱心に聞くメンバー