新着情報

2012-11-27「右京区民ふれあいフェスティバル2012」

◆日 時  平成24年10月27日(土) 午前10時~午後3時

◆場 所  太秦安井公園

◆目 的  「子どもを共に育む京都市民憲章」の普及啓発

 本年度の「右京区民ふれあいフェスティバル」は、右京区民一体となったまちづくりを目指し、『つながり』をテーマに、開催されました。

 右京区「人づくり」人づくりネットワーク実行委員会は、「人と人 笑顔つないで 人づくり」のメッセージをかかげて参加し、ステージとブースの両方で、右京の人づくりと「子どもを共に育む京都市民憲章」のアピールを行いました。

 ステージでは、実行委員メンバーで「嵐パトマンとその仲間たち」の寸劇を披露しました。岩の下敷きになったパンダくんを救うため、仲よしのサルくん、うさぎさんは岩を動かそうとするが,2人だけではどうにもできず、嵐パトマン、区役所マン(本物の区長)、地域の代表と助けが集まり、最後は、お年寄りマンが授けた知恵で、「うんとこしょ、どっこいしょ」と力を合わせて、やっとのことで、助けられるとういう内容で、右京区民一体のまちづくりの大切さを訴えました。門川市長も最後までご覧になり、右京パワーを笑顔で実感してもらうことができました。

  ブースでは、ボーイスカウト、ガールスカウト、PTAOBをはじめ、いろんな団体が一体となって、不思議な万華鏡を初め、ブーブーと音の出る笛、ころころ転がるおもちゃ、新聞紙でつくるりんごなど、いろんな工作を子どもたちは楽しんでいました。「ありがとう」とお礼を言って帰る子どもが多く感動したことと、必死に取り組む幼児の真剣な目がとても印象的でした。

 また、空くじなしの抽選ということで、抽選箱からカラーボールを引いてもらって、出た数に応じて、「わたくしたちは、こどもの存在を尊重し、かけがえのない命を守ります」など、市民憲章の1から6の理念を読み上げてもらいました。どんどん列ができ、用意した300の啓発用マグネットとリーフレットが、終了時間を待たずに全てなくなってしまいました。

 3年目の正直の好天に恵まれ、多くの方の参加のうち1に終えることができました。