新着情報

2013-08-27平成25年度 第1回幹事会を開催しました。

日 時 平成25年6月24日(月) 午後3時30分~午後5時15分

◆場 所 京都ロイヤルホテル&スパ

◆内 容 「人づくり21世紀委員会からの提言」を京都市長に提出
      平成25年度の体制決定,活動方針の確認

 

 平成25年度「人づくり21世紀委員会第1回幹事会」を開催しました。108の幹事団体や行政区実行委員会・行政関係から約130名が出席。『子どもを共に育む京都市民憲章』の具体的実践に向けた熱い思いが会場を埋め尽くしました。 
 幹事会では,西岡正子顧問からの挨拶の後,平成24年度の取組の集大成である「人づくり21世紀委員会からの新たな『提言』」について,奥村高史幹事長から発表があり,出席の各幹事からの承認を得た後,門川大作京都市長へ提出しました。その後,門川市長から「皆さんの子どもたちへの熱い想いが込められた貴重な提言。真摯に受け止め、子どもたちの健やかな育成のためにしっかりと活かしてまいります。」と決意を表明いただきました。
 その後,各部会等から24年度の活動報告を行い,平成24年度を締めくくりました

 平成25年度は,京都市PTA連絡協議会の長屋 博久(ながや ひろひさ)前会長が新幹事長に就任されました。また,新規加入団体として京都市環境事業協会とNPO法人きょうとNPOセンターの加入が承認されるとともに副幹事長の続投も承認され,平成25年度の体制が確定しました。これを受けて,長屋新幹事長から平成25年度の取組提案,各幹事・行政区実行委員会世話役による意見交換などが行われ,「人づくり21世紀委員会からの提言」の実現と子どもが健やかに育つ環境づくりに向けて,皆で思いを共有し,結束を固めました。最後に,荒瀬教育企画監からも行政も一丸となって憲章の具体化に向けて取り組む決意が力強く述べられました。
 
『平成25年度活動方針』
 ・全ての大人が手を携える中で,子どもが健やかに育つための環境づくり
 ・幅広い市民への,「子どもを共に育む京都市民憲章」の更なる普及・実践
  ~憲章推進条例制定に連動した取組の展開~
 

『具体的な取組「人づくり21世紀委員会からの提言」から』
 ①多様な専門性を備えた,より身近で,有機的な市民ネットワークとして行動していきます!
 ②子育てを社会全体の営みにするための課題解決に貢献します!
 ③豊かな暮らしを支える地域の絆!これからも人づくりは考えていきます。

 

『平成25年度人づくり21世紀委員会スローガン」
 「子どもを共に育む都市(まち) 京都 ~大人は子どもの模範~」


奥村高史幹事長から「人づくり21世紀委員会からの提言」を門川市長に提出しました。

長屋 博久 新幹事長から平成25年度活動方針を説明