新着情報

2015-03-10「ふれあいトーク梅小路」

1 日  時  平成27年2月4日(水) 午後2時05分~3時35分

2 場  所  京都市立梅小路小学校  ランチルーム  

3 テーマ 「こんな大人になりたい!」  ~将来の夢をめぐって~                             

 梅小路小学校の6年生児童と人づくり実行委員、PTA保護者、地域の大人が、それぞれグループに分かれて、どんな大人になりたいか将来の夢をめぐって話し合いました。

 梅小路小学校では、キャリア教育に取り組まれ、研究発表会の授業では、京都水族館のイルカのトレーナーがゲストティーチャーとして参加され、高校生の時から抱いていた動物に関わりたいという夢を実現した話を子どもたちにされていました。嫌がられるかと心配しながら何度も何度も電話したことが、動物と付き合うには、そんな粘りが一番大事ということで採用されたことが子どもたちの心を打ちました。

 担任の先生のご協力を得て、子どもたちは事前に「将来の夢、こんなおとなになりたい、夢に向かってがんばっていること」などアンケートを書いてもらって話し合いに臨みました。

以下は、全体会での各班代表児童の1分間発表です。  

1班 ぼくたちの班では、6時間ぶっ通しでゲームをして午前4時に寝た人がいて、その話で盛り上がったりして楽しかったです。

2班 初めての人としゃべるので、最初は緊張していたけど、ゲームをして慣れてきて、しゃべるのが結構楽しかった。質問とか聞いていてたりして、この企画はよかったと思った。盛り上がったのは、自分を動物に例えたこと、憧れる人は出さへんけど心で決めていた。

3班 みんなが将来を頑張って目指してるのがわかって、うれしかったです。みんな、愉快だった。ぼくも頑張っていきます。

4班 この「ふれあいトーク」を通して経験からのアドバイスを聞かせてもらった。大人になって、こんな人になりたい。未来図が固まってきたし、今日、聞いたことを目指して頑張っていきたいと思いました。今日の話し合いで盛り上がったことは、2班と同じ、動物に例えたことです。

5班 将来の夢についてしゃべって、それぞれのんがわか った。話しているとき、やさしく接してくれたので、心が落ち着いた。親に対する態度の示し方とか教えてくれたのでよかった。

6班 最初、アンケートを書いて、みんな、どんな将来の夢を持っていて、どんな人に憧れているのか楽しみだった。途中で変になったけど、政治の話とか友だちの話とか、大人の人がたくさんアドバイスしてくれたので、いい経験になった。

7班 将来に向けてコツコツと頑張ったら、かなえられると教えてもらった。自分の目につくところに目標を貼っておくといいと教えてもらった。反抗期のとき、言われたことを右から左へ流す。自分も怒られずに済むと教えてもらった。自分もそうしてみようと思った。

8班 今日の話で、大学のとき、時間がいっぱいあると教えてもらったので、そのときできることをしておこう。今は、目標とする人いないし、その時までに見つけておこうと思った。

9班 今日、話をして、ひとつの話から盛り上がって広がっていたので、そこが面白かったです。こんなふうになれたらいいな。一人一人がどんな人になりたいかよくわかった。みんな頑張ってほしいと思った。

  参加した大人は、梅小路小学校の6年生の子どもたちが明るく素直に育ち、自分の意見や将来の夢をしっかり話せる姿に感動し続けでした。また、子どもたちも、地域の大人の人が何でも受けとめて話を聞いてくれるので、自分たちの思っていることをどんどん話せたこと、自分の体験をもとにいろいろなことに教えてくれたことをうれしく思いました。大人も子どもも、今日のふれあいを通して、ほっこりとした気持ちになったひと時でした。「いい企画だったので、またしてほしい」という子どももいて明るい笑いが会場に広がりました。

     IMG_2235 IMG_2265IMG_2266IMG_2267IMG_2261 

IMG_2259IMG_2290IMG_2287IMG_2253IMG_2270