新着情報

2011-12-21「右京区民ふれあいフェスティバル2011」

◆日 時  平成23年10月30日(日) 午前10時~午後3時

◆場 所  太秦安井公園

◆目 的  右京区制80周年記念事業「右京区民フェスティバル」で京都市民憲章の普及・啓発活動を行う。

  毎年,右京区「人づくり」ネットワーク実行委員会では,「子どもを共に育む京都市民憲章」を,より多くの人に知ってもらう普及・啓発活動をしています。

 本年度は,右京区制80周年ということもあり,テントもいつもの4倍の2張りも用意してもらい,「人づくり=右京の未来∞」のテーマで、右京区「人づくり」ネットワーク実行委員会を構成する諸団体を前面に出した運営をしました。

 「京都スクールパートナー21(PTAOB)」の皆さんは,「ストローとフーセンで作るブーブー」と「回るときれいなぶんぶんゴマ」,「ボーイスカウト」の皆さんは,「牛乳パックでつくる竹トンボ」,「NPO法人みのりの森劇場」の皆さんは,「飛んでグルグル」,「ガールスカウト」のみなさんは,「落花生をつかったかわいい人形」づくりをしてもらいました。

 子どもたちは,本来,ものづくりが大好き。年少さんくらいの小さな子も,お母さんにたよらず,自分で一所懸命作りました。大きい子も,ブーブーが,すぐならなかったり,飛んでグルグルも,うんと高く飛ぶようにと,工夫を重ねていました。

 一緒にものを作ることによって,はじめて会った,子どもと子ども,大人と子ども,そして,大人同士のつながりも生まれたようです。

 自分たちも,子どもに作らせてみたいと,材料や準備をたずねられるお母さんもおられ,つながりが,また,広がって行きそうで楽しみです。

 右京人づくりネットワーク実行委員会としては,「人づくり21世紀委員会の活動」と,「子どもを共に育む京都市民憲章」のPRをするとともに,夏祭りで,未来の右京区に対してかけた願いや夢を書いてもらった絵馬を飾りつけた「右京夢みこし」を展示し,さらに願いや夢をつないでもらうとともに,11月9日に実施する「ほかほか子育て右京deトーク」に参加してもらう呼びかけをしました。