京都はぐくみネットワークの活動

カテゴリー : 各行政区ネットワーク実行委員会の活動

2012-10-18第3回北区実行委員会

日 時    平成24年8月29日(水)  18:30~20:00

場 所    上賀茂神社

内 容    紫野高校での授業内容について京都産業大学学生より説明

 

 

   北区実行委員会では平成22年度から紫野高校2年生の総合的な学習で「京都ーまちと歴史」を選択しているクラスに1回か2回授業に参加させてもらっています。参加させてもらっている授業は京都産業大学の学生が担当しています。

 京都産業大学では勉学の成果を実社会で活用できる能力を育成していくことをねらいに,2,3年次生を横断して編成された学生チームがいくつかあります。それぞれのチームには指導担当企業等から課題が出されます。紫野高校で授業体験するチームの指導は上賀茂神社チームが担当されています。同チームが課題解決に挑戦する場として紫野高校の協力のもと高校生に課題に沿った授業を実施しています。その授業に高校生と世代を超えた地域間交流も含めて北区実行委員会のメンバーも参加させてもらっています。

 今年度は9月4日(火)と9月18日(火)の2回の授業を実施します。今回の実行委員会では,その2回の授業内容を実行委員会で授業を担当する大学生の皆さんから説明してもらいました。

 9月4日(火)の1回目の授業は「京都をもっと知ろう」をねらいに日帰り京都観光ツアーを計画する内容です。

 9月18日は「上賀茂神社と葵」のテーマを受けて「ちび葵ねぶた」を制作して作品に感謝の気持ちを表わす内容になります。出来上がった「ちび葵ねぶた」は9月29日・30日に行われる賀茂観月祭で点灯されます。

 2回の授業では高校生が5グループに分かれますが,実行委員会メンバーも始めから高校生のグループに入り授業を受けることになりました。

 どのような授業展開になるのか実行委員会メンバーも楽しみにしています。

説明する京都産業大学生

上賀茂神社での実行委員会

                               

         

 

 

 

2012-10-04小P連中京支部指導者と中京区「人づくり」ネットワーク実行委員の合同研修会

◆日 時  平成24年9月19日(水) 午後2時30分~4時30分

◆場 所  朱雀第一小学校 食堂

◆講 演  「いのちの輝きを求めて ~ 絆・共育 ~」

        京都市教育委員会 指導部長 柴原 弘志 氏

 この研修会では,60名の参加者が熱心に講演を聞き,その後,7グループに分かれて感想を出し合ったり意見交換をしたりしました。講演では,いのちを大切にする心・絆・コミュニケーションの大切さを中心にお話しされました。 以下,いくつかの感想を抜粋します。

○地域の子ども達への接し方に背中を押していただけた感じがしました。京都の子ども達へ…「身近なおばちゃん」として気軽に話をしてもらえばいいなと思いました。

○規範意識を育てるには,本人が自己肯定感,自己有用感を認識するようにさせることが大切である。

○今の子ども達は,あまりにも多くの情報があり,規則的な生活をするのは難しいと思いました。

○生きることについて意義を見いだせなければ「いのち」を大切にする心は生まれてこない。

○絆について,相手に一方的に話しかけただけでも,相手は心の片隅で受け止めている。だから,それだけでも行っておけば,いつか絆はつながる。

 PTAの皆様と人づくりネットワーク実行委員が,地域の子ども達を中心において,世代を超えてそれぞれの立場で話し合えた有意義な研修会でした。

 この合同研修会が,具体的な取組のヒントになればありがたいと思っています。

  

        

2012-10-04「第11回 東山ふれあいリレーマラソン」を開催します

 東山区「人づくり」ネットワーク実行委員会では,今年度も「東山ふれあいリレーマラソン」を開催します。

 リレーマラソンは参加するみんなで”42.195キロ”を少しずつ分け合って走るマラソンです。

 年齢等不問です。どなたでも参加できます。

 参加を希望される方は,11月18日(日)の8時45分に開睛小中学校のグランドにお越しください。参加をお待ちしています。

 詳細はコチラ→→東山リレーマラソンポスター

2012-10-04「身近な夏の不思議体験2012in山科」

◆日 時  平成24年9月2日(日) 第1部:午前10時~11時30分 第2部:午後2時~3時30分

◆場 所  京都薬科大学

◆テーマ  京都薬科大学とのコラボ事業  「ひんやりカイロを作ろう!!」 「ホタルの光を見てみよう!!」

 当日は京都薬科大学の先生たちによるヒンヤリカイロづくりとホタルの光の再現実験を行いました。実行委員会のメンバーが世話役として入り,子どもたちと交流し合いながら楽しんで活動しました。子どもたちは,日頃めったに入ることのない大学の研究室で白衣を着て,科学体験の驚きの変化に大興奮の様子でした。地域の大学とのコラボレーション事業はネットワークを拡げる意味でも今後とも続けていきたいと思います。 

  

2012-10-03第3回左京区「人づくり」ネットワーク実行委員会を開催

◆ 日 時  平成24年9月18日(火)

◆ 場 所  左京区総合庁舎

○「左京区民ふれあいまつり2012」の報告

○人づくり21世紀委員会「地域活動部会」の報告

○「左京子どもふれあいカーニバル」の実施について

○「ふれあいトーク」の実施について

○研修:『最近の「ケータイ・スマートフォンの危険性」について』

  <研修の要点>

 *  スマートフォン(スマホ)は,ケータイが進化したものというより,持ち運びのできるパソコンである。

 *  ケータイ・スマホは,親が子どもに貸し与えているという認識が大切。

 *  ケータイ・スマホに関わる情報(操作)は,子どもの方が親より進んでいる。

 *  親がブラウザを管理(パスワード等で)し,子どもの判断でのアプリのインストールをさせないことが大切。

 *  ネット上への写真掲載は,撮影時に記録されたGPS情報(位置情報)により,撮影場所が特定されることがあるので要注意。

 *  親としては,『学ぶ』(ケータイ・スマホ・インターネット)⇒『教える』(危険性)⇒『見守る』(コントロール)という「ペアレンタルコントロール」が大切。

 *  ケータイ・スマホに対する大人や子どもの「意識を変える」「知識を高める」「ルールをつくる」が大切。

 *  スマホは,キャリア側のフィルタリングのみではだめ。Wi-Fiの対応するフィルタリングを,個人で設定する必要がある。

 *  ケータイ・スマホ・パソコンの画面の向こう(ネット)には,いろんな考えを持ったいろんな人がいる(個人情報・人を傷つける言葉等を書かない)。

 *  知らない人や不審なメールの返信は,絶対にしない。返信により個人が特定されてしまう。

「左京区民ふれあいまつり2012」での活動を報告する西尾明徳児童館長

「ケータイ・スマートフォンの危険性」についての話を熱心に聞くメンバー

2012-10-03「脱法ハーブ等薬物学習会」

◆日 時  平成24年9月7日(金) 午後2時~4時

◆場 所  京都府庁旧本館

◆講 演  「薬物乱用防止について」

◆講 師 京都府健康福祉部薬務課指導・啓発担当 光岡由利子氏
                      

 「脱法ハーブ等薬物学習会」では,実行委員会の皆さん16名に参加いただき,講師の京都府健康福祉部薬務課指導・啓発担当 光岡由利子氏から「薬物乱用防止について」をテーマに,京都府の薬物対策の取組や一度違法薬物等に手を染めてしまうとフラッシュバック等に苦しめられ立ち直りが容易でないこと,本人だけでなく,家族や周りにも大きな影響を及ぼすことなど等を薬物の模型等も見ながらお話いただきました。

 質疑応答では,「薬物乱用等の現場を見かけたらどのように対応したらいいか。」といった具体的な質問に対して,光岡氏から「危険な現場なので素人はむやみに手を出さず,専門機関に直ちに連絡してください。」など意見をいただき,薬物乱用の恐ろしさと防止の重要性について学びました。

2012-10-03「左京区民ふれあいまつり2012」

◆日 時 平成24年7月29日(日) 午前10時~午後3時 

◆場 所 みやこめっせ

◆目 的 「子どもを共に育む京都市民憲章」の啓発

 「左京区民ふれあいまつり2012」に,左京区「人づくり」ネットワーク実行委員会がブースを設けて啓発活動を行いました。

 もらって嬉しいペンシルバルーンと自分で作って楽しむ羊の原毛のコースターづくりを企画し,スタッフも和気あいあいと楽しんで活動しました。 

 また,保護者等にパンフレットや啓発マグネットを配布して,「人づくり21世紀委員会」の活動を紹介したり「子どもを共に育む京都市民憲章」の実践の啓発を行いました。

当日の様子はこちら→左京「人づくり」ニュース(区「ふれあいまつり版」)

2012-10-03第2回 左京区「人づくり」ネットワーク実行委員会 実行委員会を開催

◆ 日 時  平成24年7月10日(火)

◆ 場 所  修学院第二小学校

◆案 件

・第1回実行委員会で確認した具体的行動についての詳細な協議

・「未来づくり教育フォーラム」についての案内

・下鴨警察署生活安全課 田上少年係長から最近の青少年問題行動について報告

○左京区「人づくり」ネットワーク実行委員会の世話役としてお世話になっております雨宮万里子氏が, この度、「少年補導功労者栄誉金賞」を受賞されました。 

 皆さまと共に御受賞を喜び合いたいと思います。

最近の青少年の問題行動について話す田上下鴨署少年係長

当日の協議の様子

2012-10-03「ほっこりニコニコと~きんぐin室町児童館」

◆日 時  平成24年7月6日(金) 午前10時15分~正午ごろ

 ◆場 所  室町児童館

◆テーマ  「児童館ニコニコクラブの保護者とのトーク」 

 乳幼児を持つ保護者を対象に,5つのグループに分かれてトークを行いました。

  今回は昨年度までの「ふれあいと~きんぐ」の意見を踏まえて,より保護者の皆さんの「話したい,聞いてほしい」気持ちを大事にファシリテーターを付けてフリートークを中心に実施しました。

 短い時間でしたが,子どものしつけや男の子と女の子の違い,兄弟の違い,家族,食事,ストレス発散など様々な話を,日頃なかなか話す機会のない地域の方と保護者の方が一緒に世代を超えて語りました。

 参加者の方からは,「また,子育てを楽しもうと思った。」「子どもを預けられたので,ゆっくりと話をすることができた。」「母親同士だと同調してしまう事が多いが,今回はいろいろな意見があって面白かった」などの意見がありました。

   

2012-10-03第1回 左京区「人づくり」ネットワーク実行委員会 実行委員会を開催

◆ 日 時  平成24年6月20日(水)

◆ 場 所  左京区総合庁舎

○本年度の活動方針

    子どもを共に育む京都市民憲章」の実践に向けて

   大人として,今,子どもたちに何ができるのか?

    身近にできることから行動しよう!

    大人と子ども,大人と大人のコミュニケーションのネットワークを作ろう! 

○  具体的活動予定

 ・  「左京区民ふれあいまつり2012」での啓発・・・平成24年7月29日(日)<みやこめっせ>

 ・  「左京子どもふれあいカーニバル」の実施 ・・・ 平成24年11月10日(土)<宝ヶ池公園>

 ・  中学生との「ふれあいトーク」の実施・・・ 岡崎中学校,修学院中学校 他

 ・  「早起き・早寝カレンダー」を活用した『早起き運動』の実施・・・ 「早起き」から始める「早寝 早起き 朝ごはん」

  (早起き→早寝→早起き→朝ごはん→早寝→・・・)

 ・  ケータイの“依存性”“危険性”にかかわる啓発・・・ 携帯電話市民インストラクターの活動を通して

 ・  親支援プログラム「ほっこり子育てひろば」の活用

第1回幹事会の報告をする齊藤世話役

  

当日の実行委員会の様子