新着情報

カテゴリー : お知らせ

2017-09-21【11月7日締切】京都はぐくみ憲章「実践推進者表彰」に係る対象者(個人・団体)及び「はぐくみ写真&川柳」を募集!

子どもが健やかで心豊かに育つ社会を築くために,大人としてどう行動すべきかを示した「京都はぐくみ憲章」が制定されて10周年。

この憲章の実践(はぐくみアクション)の輪を一層広げるために,モデル活動や先進的でユニークな活動などをされている方・団体を募集します。

また,日々の子育てや子どもとの関わりの中で,「京都はぐくみ憲章」の理念や行動規範につながる行動や出来事,様子などを写真又は川柳で表現した作品を「はぐくみ写真&川柳」として,下記のとおり募集します。

◆「実践推進者表彰」

1 対象

京都市内において,京都はぐくみ憲章の実践活動に取り組む個人又は団体

2 被表彰者

・「京都はぐくみ憲章」の実践活動として他の模範となり,憲章の実践を推進する気運の醸成に貢献すると認められる個人・団体を表彰します。

・さらに,その中でも特に顕著な功績があると認められる3者(個人・団体)程度を「大賞」として表彰します。

3 表彰の内容

平成30年2月に表彰式を行い,表彰状を進呈します。

「大賞」対象者には,表彰状と副賞(トラフィカ京カード又は「はあと・フレンズ・ギフトカード」(選択制,1万円相当))を進呈します。

表彰の対象となった取組をはじめ,応募いただいた活動は,京都市ホームページ等で広く広報します。

実践推進者表彰応募リーフレット

応募用紙(Excel)

◆「はぐくみ写真&川柳」

1 募集作品

家庭や地域で子どもと共に暮らす楽しさや幸せ,子どものためにできることを,写真か川柳で表現してください。

★写真・・・画像に題名を付けてください。説明文やメッセージ等(100字程度)も添付可です。

★川柳・・・概ね五・七・五の体裁をもつもの。たくさんの人が共感できる面白く愉快なもの。

2 応募方法

ア SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の投稿による応募

Facebook,Twitter,Instagramで,ハッシュタグ「#はぐくみ写真」又は「#はぐくみ川柳」を付けて,作品を投稿してください。

※応募・問合せ先アカウントからハッシュタグで閲覧できない投稿は無効になります。SNSアカウントの公開範囲を限定している場合は,メッセージ機能でお知らせください。折返しこちらからフォロー(友達)申請を行いますので,御承認ください。

イ Eメールによる応募

件名を「はぐくみ写真」又は「はぐくみ川柳」として,作品を添付し送付してください。

ウ 郵送による応募

作品とともに,郵便番号・住所・氏名・連絡先(電話とEメール)を明記して郵送してください。

3 応募特典

優秀作品として選定された方に図書カード1万円分を進呈します。

応募者の中から抽選で10名様に図書カードまたは「はぁと・フレンズ・ギフトカード」1,000円分を進呈します。

4 その他

・応募作品は,本市の広報媒体に使用する場合があります。応募者は,本市が応募作品を使用することについて,予め了承するものとします。

・応募作品は,第三者の権利を侵害するものでないものとしてください。

・写真の作品は,被写体となる人物・建物・商標等の権利や,撮影者の著作権等を侵害するものでないことを,応募者の責任において確認してください。未成年を撮影した作品は,応募や公開について保護者への了承を得てください。

・SNSで応募いただく場合は,SNSの利用規約を順守してください。

・Eメールで応募いただく場合は,データ量を5MB以下にしてください。

・応募数の上限は,写真・川柳それぞれでお一人様3作品(計6作品)までとします。

・優秀作品の選考や副賞等の送付に際して必要事項をお伺いするため,京都はぐくみ憲章担当から応募者へ御連絡する場合があります。応募・問合せ先のSNSアカウント名・Eメールアドレスを参照し,なりすましに御注意ください。

・応募者から収集した個人情報は,本事業の目的の達成に必要な範囲でのみ使用します。

はぐくみ写真&川柳募集チラシ

 

【応募・問合せ先等】

子ども若者はぐくみ局はぐくみ創造推進室(はぐくみ文化創造発信担当)

住所 〒604-0845 京都市中京区烏丸通御池上る二条殿町552明治安田生命京都ビル4階

電話 075-251-0457 FAX 075-251-1013 Eメール hagukumi-bunka@city.kyoto.lg.jp

Facebook:京都はぐくみ憲章

Twitter:京都はぐくみ憲章 @hagukumi_bunka

Instagram:京都はぐくみ憲章 @hagukumi_bunka

 

 

 

2017-01-13鈴木 明子氏が講演!「人づくりフォーラム」及び京都はぐくみ憲章「実践推進者表彰」表彰式を開催!

京都市及び人づくり21世紀委員会では,「京都はぐくみ憲章(子どもを共に育む京都市民憲章)」の理念のもと,子どもを笑顔で温かく見守り,地域や社会の宝として大切に育む「はぐくみ文化」が息づく京都のまちづくりを目指した取組を進めています。

憲章を平成19年2月に制定してから,今年で10周年を迎えるに当たり,子どもたちのために大人として何ができるかを考え,行動の輪を広げる「人づくりフォーラム」及び「京都はぐくみ憲章」の実践活動に関して,他のモデルになる活動やユニークな活動に取り組まれている個人や団体を表彰する実践推進者表彰式を開催します。

講師は,プロフィギュアスケーターの鈴木 明子さん!ぜひお誘い合わせのうえ,ふるってご参加ください!

日 時  平成29年2月5日(日)13:30~16:00

場 所  京都市北文化会館 ホール

(京都市北区小山北上総町49番の2 キタオオジタウン内)

市営地下鉄烏丸線「北大路駅」下車すぐ!

内 容

ア 京都はぐくみ憲章「実践推進者表彰」表彰式

イ 人づくりフォーラム 特別講演「ひとつひとつ。少しずつ。」

講 演 者:鈴木 明子 氏(プロフィギュアスケーター)

鈴木明子氏(写真カット)

 

詳しくはこちらをご覧ください。

2017-01-13平成28年度「京都はぐくみ憲章」実践推進者表彰における被表彰者が決定!

「京都はぐくみ憲章」を平成19年に制定してから,今年で10周年を迎えます。また,この憲章の実践の輪を一層広げるための条例を平成23年に施行し,先進的,ユニークな活動に取り組んでいる方を毎年表彰しています。

今年度も皆さまから積極的にご応募いただき,平成28年度「京都はぐくみ憲章」実践推進者表彰の被表彰者が決定しました!

 

平成28年度「京都はぐくみ憲章」実践推進者表彰被表彰者(50音順)

地域活動実践者部門

○学習支援団体 Apolon

(代 表 者 :福田 隆平 代表)

○京都芸大生有志によるニコニコファミリーコンサート実行委員会

(代 表 者 :和田 悠花 実行委員長)

○京大病院小児科ボランティアグループ にこにこトマト

(代 表 者 :高谷 恵美 代表)

○西京☆パパ盛り上げ隊

(代 表 者 :滝澤 健一 代表)

○訪問看護ステーション ひのき

(代 表 者 :下 嘉幸 代表取締役)

事業者部門

○瓜生山学園 京都造形芸術大学 こども芸術大学企画運営室

(代 表 者 :田中 洋一 校長)

詳しくはこちらをご覧ください。

実践継続推進者部門(10周年特別部門)

○60団体

※ 憲章制定10周年である今回は,平成23~27年度に応募又は推薦があり,現 在も継続して活動を行っている個人又は団体に感謝状を贈呈する特別部門を設定。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

表彰式は2月5日(日)に人づくりフォーラムと併せて開催します。

 

2016-08-30京都はぐくみ憲章「実践推進者表彰」の対象者(個人・団体)及び「実践してます!宣言」の写真・イラスト・ひとことメッセージ又は川柳を募集中!

京都市では,子どもの健やかな育ちのために大人としてどう行動すべきかを示した「子どもを共に育む京都市民憲章(愛称:京都はぐくみ憲章)」を平成19年2月に制定してから,今年度10周年を迎えます。

現在,この憲章の実践活動として,日頃から地域で自主的な活動に取り組む団体や企業など,先進的,ユニークな活動等に取り組まれている方を表彰する「京都はぐくみ憲章実践推進者表彰」について,対象となる個人や団体を募集しています。

また,同時に保護者や地域の方々が,日常の「子育て」や「子どもとの関わり」の中で実践している様子の写真・イラスト・ひとことメッセージ又は川柳のいずれかを「京都はぐくみ憲章実践してます!宣言」として募集しています。

◆「実践推進者表彰」

1 対象

⑴平成28年度「行動指針」に掲げる活動を主な対象とします。

⑵現在取り組まれている活動を対象とします。

⑶京都市内で取り組まれている活動とします。

2 被表彰者数

表彰部門(地域活動実践者部門,事業者部門)ごとに3者(個人・団体)程度

3 表彰の内容

平成29年2月に表彰式を行い,表彰状と副賞を進呈します。

応募リーフレット

応募用紙(エクセル版)

過去の受賞団体はコチラ

京教3

◆「実践してます!宣言」

1 募集内容

写真・イラスト(絵)・ひとことメッセージ(100字以内)又は川柳のいずれか

(日頃の「子育て」や「子どもとの関わり」の中で実践している取組や,子どもを共に育む大切さに気付くきっかけとなった出来事など,「京都はぐくみ憲章」の実践にまつわる写真・イラスト・ひとことメッセージ又は川柳をお寄せください。)

2 応募資格

京都に縁のある方(京都市出身,京都大好き等)

(住所,年齢,個人・団体の別を問わない。)

3 応募特典

応募いただいた方の中から抽選で30名に1,000円相当の  図書カード又は「はあと・フレンズ・ギフトカード」を進呈します。

4 その他

応募作品(写真・イラスト・ひとことメッセージ又は川柳)は,応募者の氏名及びお住まいの市区町村名を添えて,京都市が「京都はぐくみ憲章」の普及の目的で行う,印刷物,展示,ホームページ,スマートフォンアプリ等に活用する場合があります。

募集チラシ

31

【応募・問合せ先等】

保健福祉局子育て支援部児童家庭課

住所 〒604-8171 京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町566-1 井門明治安田生命ビル3階

電話 075-251-2380  FAX 075-251-2322   Eメール kosodatesien@city.kyoto.lg.jp

教育委員会事務局生涯学習部家庭地域教育支援担当

住所 〒604-8064 京都市中京区富小路通六角下る骨屋之町549 元生祥小学校内

電話 075-251-0456  FAX 075-251-1013   Eメール kateichiiki@edu.city.kyoto.jp

 

「 京都はぐくみ憲章」について

 

2016-08-29「京都はぐくみ憲章」平成28年度「行動指針」が決定!

子どもを健やかで心豊かに育む社会を築くために,大人としてどう行動すべきかを示した「京都はぐくみ憲章(子どもを共に育む京都市民憲章)」。

市民ぐるみで子どもの育ちと子育てを支え合い応援するまちを目指し,「4つの重点行動」をはじめとする,平成28年度の具体的な実践方策である「行動指針」を定めました。

市民の皆様も「重点行動」や「行動指針」に沿って実践を進めましょう! 

1 趣旨

「行動指針」は,憲章の理念を,いつでも,どこでも,だれもが「自分ごと」として社会のあらゆる場で実践することを目指し,毎年度の具体的な実践方策を定めるものです。

 

2 行動指針

<重点行動>

☆ 大麻や危険ドラッグ等の薬物乱用から子どもの命を守ります!

☆ 児童虐待から子どもの命を守ります!

☆ いじめから子どもの命を守ります!

☆ インターネット通信端末機器の利用の危険性・依存性から子どもを守ります!

 

<緊急の方策に関する行動>

◆薬物乱用対策

大麻や危険ドラッグ等の薬物乱用から子どもの命を守ります。【重点行動】

◆児童虐待対策

児童虐待から子どもの命を守ります。【重点行動】

◆いじめ対策

いじめから子どもの命を守ります。【重点行動】

◆インターネット不適切利用対策 電子・映像メディア依存対策

インターネット通信端末機器の利用の危険性・依存性から子どもを守ります。【重点行動】

◆児童ポルノ対策

児童ポルノの根絶に向けた対策に取り組み,子どもの人権を守ります。

◆性感染症対策

エイズ等の性感染症を子どもが正しく理解して予防できるよう取り組みます。

<基本的な方策に関する行動>

◆子どもの存在を尊重し,かけがえのない命を守るために

子どもの体験活動を進めるとともに,安全対策に取り組みます。

◆子どもから信頼され,模範となる行動に努めるために

社会のルールやモラル,マナーを守り,子どもの模範となるよう努めます。

◆子どもを育む喜びを感じ,親も育ち学べる取組を進めるために

保護者自身が育ち学び,親同士や地域の人とのつながりを広げます。

◆子どもが安らぎ育つ家庭の生活習慣と家族の絆を大切にするために

「早寝・早起き・朝ごはん」や読書,家族共同での家事を推進します。

◆子どもを見守り,人と人が支え合う地域のつながりを広げるために

互いの挨拶・声かけを行うとともに,課題を抱える子どもと家庭を支援します。

◆子どもを育む自然の恵みを大切にし,社会の環境づくりを優先するために

エコライフや真のワーク・ライフ・バランスを進めます。

 

ぜひ,ご活用ください★

 

「京都はぐくみ憲章」について

行動指針リーフレット

2016-01-25平成27年度「京都はぐくみ憲章」実践推進者表彰における被表彰者が決定!

憲章の実践活動に関して他のモデルになる活動やユニークな活動に取り組まれている団体として,平成27年度「京都はぐくみ憲章」実践推進者表彰の被表彰者が決定しました。

平成27年度「京都はぐくみ憲章」実践推進者表彰被表彰者(50音順)
【地域活動実践者部門】
◆上京の子どもまつり実行委員会
(代表者:井筒 隆夫 実行委員長)

◆京都市立呉竹総合支援学校PTA
(代表者:佐々木 作美 PTA会長)

◆現代アートみなみ力プロジェクト実行委員会
(代表者:小牧 徳満 代表)

◆働くママ☆パパの子育てサークル まんまる☺みなみん
(代表者:中村 香織 代表)

◆藤城学区自治連合会
(代表者:高橋 猛 会長)

【事業者部門】
◆NPO法人 使い捨て時代を考える会
(代表者:津田 君江・山田 晴美・山崎 典子 代表理事)

◆京都教育大学 幼児教育科
(代表者:平井 恭子 准教授)

◆日本新薬株式会社
(代表者:前川 重信 代表取締役社長)

表彰式は2月27日(土)に人づくりフォーラムと併せて開催します。
詳しくはコチラをご覧ください。

2015-08-28京都はぐくみ憲章「実践推進者表彰」の対象者(団体)及び「実践してます!宣言」の写真・イラスト・ひとことメッセージを募集中!

「京都はぐくみ憲章」を一層普及させ,行動の輪を広げるため,憲章の実践活動として,日頃から地域で自主的な活動に取り組む団体や企業など,他のモデルとなる活動やユニークな活動等に取り組まれている方を表彰する「実践推者表彰」について,表彰の対象となる個人や団体を募集します。
 また,保護者や地域の方々が,日常の「子育て」や「子どもとの関わり」の中で実践している様子の写真・イラスト・ひとことメッセージのいずれかを「実践してます!宣言」として募集します。

実践推進者表彰

◆「実践推進者表彰」
1 対象
 憲章の普及啓発や実践活動に取り組む個人又は団体
 ⑴平成27年度「行動指針」に掲げる活動を主な対象とします。
 ⑵過去1年以内又は現在取り組まれている活動を対象とします。
 ⑶京都市内で取り組まれている活動とします。
2 被表彰者数
 表彰部門(地域活動実践者部門,事業者部門)ごとに3者(団体・個人)程度
3 表彰の内容
 平成27年2月下旬に表彰式を行い,表彰状と副賞を進呈します。

実践してます!宣言
◆「実践してます!宣言」
1 募集内容
 写真・イラスト(絵)・ひとことメッセージ(100字以内)のいずれか
 (日頃の「子育て」や「子どもとの関わり」の中で実践している取組や,子どもを共に育む大切さに気付くきっかけとなった出来事など,「京都はぐくみ憲章」の実践にまつわる写真・イラスト・ひとことメッセージをお寄せください。)
2 応募資格
 京都に縁のある方(京都市出身,京都大好き等)
 (住所,年齢,個人・団体の別を問わない。)
3 応募特典
 応募いただいた方の中から抽選で30名に1,000円相当の
 図書カード又は「はあと・フレンズ・ギフトカード」を進呈します。
4 その他
 応募作品(写真・イラスト・ひとことメッセージ)は,応募者の氏名及びお住まいの市区町村名を添えて,京都市が「京都はぐくみ憲章」の普及の目的で行う,印刷物,展示,ホームページ,スマートフォンアプリ等に活用する場合があります。

 応募用紙 こちらからもダウンロードできます!

応募・問合せ先等
 保健福祉局子育て支援部児童家庭課
  住所 〒604-8171 京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町566-1 井門明治安田生命ビル3階
  電話 075-251-2380  FAX 075-251-2322
  Eメール kosodatesien@city.kyoto.jp 
  

 教育委員会事務局生涯学習部家庭地域教育支援担当
  住所 〒604-8064 京都市中京区富小路通六角下る骨屋之町549 元生祥小学校内
  電話 075-251-0456  FAX 075-251-1013
  Eメール kateichiiki@edu.city.kyoto.jp

2015-08-28「京都はぐくみ憲章」平成27年度「行動指針」が決定

子どもを健やかで心豊かに育む社会を築くために,京都市民共通の行動規範として制定された「子どもを共に育む京都市民憲章(愛称:京都はぐくみ憲章)」。

 この度,この憲章の理念を総合的に推進する「子どもを共に育む京都市民憲章の実践の推進に関する条例」に基づき,平成27年度の「行動指針」を定めました。

 市民の皆様も「行動指針」に沿って実践を進めましょう!

1 趣旨 

 「行動指針」は,憲章の理念が市民生活の隅々にまで浸透し,社会のあらゆる場で実践行動の輪が広がることを目指し,毎年度の具体的な実践方策を定めるものです。

2 行動指針 

<重点行動>

 ☆ 児童虐待から子どもの命を守ります!

 ☆ いじめから子どもの命を守ります!

 ☆ インターネット通信端末機器の利用の危険性・依存性から子どもを守ります!

 ☆ 保護者自身が育ち学び,親同士や地域の人とのつながりを広げます!

<基本的な方策に関する行動>

◆子どもの存在を尊重し,かけがえのない命を守るために

 子どもの体験活動を進めるとともに,交通安全対策に取り組みます。

◆子どもから信頼され,模範となる行動に努めるために

 社会のルールやモラル,マナーを守り,子どもの模範となるよう努めます。

◆子どもを育む喜びを感じ,親も育ち学べる取組を進めるために

 保護者自身が育ち学び,親同士や地域の人とのつながりを広げます。【重点行動】 

◆子どもが安らぎ育つ家庭の生活習慣と家族の絆を大切にするために

 「早寝・早起き・朝ごはん」や読書,家族共同での家事を推進します。

◆子どもを見守り,人と人が支え合う地域のつながりを広げるために

 互いの挨拶・声かけを行うとともに,課題を抱える子どもと家庭を支援します。

◆子どもを育む自然の恵みを大切にし,社会の環境づくりを優先するために

 エコライフや真のワーク・ライフ・バランスを進めます。

<緊急の方策に関する行動>

◆児童虐待対策

 児童虐待から子どもの命を守ります。【重点行動】

 ◆いじめ対策

 いじめから子どもの命を守ります。【重点行動】 

◆児童ポルノ対策

 児童ポルノの根絶に向けた対策に取り組み,子どもの人権を守ります。

 ◆薬物乱用対策

 危険ドラッグや麻薬等の薬物を子どもに乱用させないよう取り組みます。

 ◆性感染症対策

 エイズ等の性感染症を子どもが正しく理解して予防できるよう取り組みます。

 ◆インターネット不適切利用対策 電子・映像メディア依存対策

 インターネット通信端末機器の利用の危険性・依存性から子どもを守ります。【重点行動】

 

ぜひ,ご覧ください!

行動指針リーフレット

行動指針について

 

2015-02-05「京都はぐくみ憲章」記念イベントを開催します

2月5日は「京都はぐくみ憲章」が制定された記念日です。

今年は,これまで「京都はぐくみ憲章の日」に行っていた市政広報板や市バス・地下鉄への啓発ポスターの掲示に加え,京都駅前での街頭啓発を実施します。ぜひ,ライトアッフ゜をご覧ください。

1 「憲章の日」街頭啓発(京都タワーライトアッフ゜)

 日時:平成27年2月5日(木)16:45~18:00

 場所:京都駅前

 内容

 ① 京都はぐくみ憲章ロゴマークモニュメントの設置等

 ② 街頭での啓発物品の配布(カイロ,名刺サイズのリーフレットを同封)

 ③ 京都タワーのライトアップ(オレンジ色) 17:45~予定
 新しい画像

3 「人づくりフォーラム・京都はぐくみ憲章実践推進者表彰式」(12月3日広報発表済)

 日時:平成27年2月7日 13:30~16:00 

 場所:シルクホール

  ① 実践推進者表彰:29件の応募の中から10団体を表彰

  ② 人づくりフォーラム:辻井 いつ子さんの特別講演及びトークセッション

 ※ 募集の方は締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

4 市役所本庁舎1階ロビーにおけるパネル展をはじめとする啓発活動
 ・1月26日~2月6日に,「京都はぐくみ憲章実践してます!宣言」応募作品(市民から寄せられた写真・メッセージ)や,「実践推進者表彰」受賞団体の活動等を紹介するパネル展を開催しています
 ・市民しんぶん2月1日号への特集記事の掲載,ケーブルテレビ(市政広報番組「京都市区民ひろば」,1月16日~31日)やテレビCM(KBS京都スポットCM,2月下旬~予定)を活用したPR活動をおこなっています。
 ・市立図書館への憲章コーナーの設置,京都駅前他の電光掲示板,市役所本庁舎,各区・支所庁内テレビモニターを活用した広報をおこなっています。

2015-02-05「京都はぐくみ憲章」ホームページ開設しました

平成19年2月5日に京都はぐくみ憲章が誕生したことを記念して,2月5日を「京都はぐくみ憲章の日」と名付け,毎年,様々な普及啓発を行っています。

「京都はぐくみ憲章」は,社会のあらゆる場で大人たちが子どもたちに関わる社会になれば,京都の未来はきっと明るい,そんな願いを持った市民の皆さんの思いを形にした憲章です。

今回,「京都はぐくみ憲章」を市民の皆さんにより身近に感じていただくため,新たにホームページを開設しました。

ぜひ,一度ご覧ください。